LINE@友達に追加

お知らせ・クリニックブログ

アスリートの精神力

14.03.03


渋谷駅から徒歩1分の歯科ウエストデンタルクリニク

いくつかの番組でも取り上げていましたが、アスリートの精神力てすごいですね。まだ17歳なのに、高梨選手。。。驚きの精神力です。

オリンピックという舞台で期待された結果を残せず相当落ち込んでいたはず。そこから、精神的に立ち直らせ、結果を出す。

言葉で書けば簡単なことですが、どうしてとっても大変なことです。並の人間では、スランプになったり、なにかきっかけがないとしずんでしまうことだって良くあることです。ところが、高梨選手立ち直ってさらにしっかり結果を残しました。

これは、見習いたいですね。この精神力て、どうやって17歳で身につけたんだろう。

1日に行われた第14戦は高梨沙羅が合計252・0点で3連勝し、2季連続の個人総合優勝を決めた。高梨はW杯今季11勝目で、女子のシーズン最多勝利を更新。また、通算20勝目となり、スキーW杯の日本勢ではノルディック複合の荻原健司を抜いて単独最多となった。

 

前日に続き優勝した高梨沙羅=飯塚晋一撮影
前日に続き優勝した高梨沙羅=飯塚晋一撮影

高梨はソチ五輪で4位に終わったが、W杯の後半戦が始まった試合で、2回とも全体のトップにつける快勝。今季、W杯の全試合で表彰台に立つという圧倒的な安定感を見せた。他の日本勢はソチ五輪7位の伊藤有希が自身2回目の表彰台となる3位、岩渕香里(松本大)が22位、渡瀬あゆみ(アインファーマシーズ)が29位だった。竹田歩佳(ライズJC)が34位、茂野美咲(CHINTAI)が35位でともに2回目に進めなかった。