LINE@友達に追加

歯根治療


歯根治療とは

虫歯の痛みには、虫歯が歯の中の神経まで達してしまい痛くなる場合と根っこの先に膿の嚢を作って痛くなる場合があります。そんなときに、根っこの治療をします。良く歯医者さんで、針のような道具を見たことがあると思いますが、その道具を使う治療です。最終的には、神経の通っていたところにお薬を詰めて終了します。でも、このお薬が、きちんと詰まっていないとやはり、写真の1のように膿の嚢を作ってしまいます。再度きちんと治療し治すと写真の2のようにきれいに治ります。

治療の流れ

治療の流れ:神経がある場合


STEP 1
虫歯が、重症化すると根っこの治療が必要になります。
STEP 2
歯の神経をとった跡に、根っこの長さを測る。これは、根っこの治療の正否に関わる重要な処置です。色々な条件によって難しくなる作業です。
STEP 3
歯の神経をとった部分を広げて清掃と消毒を行う。
STEP 4
根の中に薬を入れ消毒を数回繰り返す。
STEP 5
歯の神経をとった後を薬剤等で密封する。

治療の流れ:神経がない場合


STEP 1
以前神経の治療をしていたところが痛くなったり、虫歯になったところを、長くほっといたときに根っこの治療が必要になります。
STEP 2
歯の神経をとった後に根っこの長さを測る。これは、根っこの治療の正否を決める重要な処置です。
STEP 3
汚染された歯の根の部分を広げて清掃と消毒をする。
STEP 4
根の中に、薬を入れ消毒を数回繰り返す。
STEP 5
消毒が終わった後に薬剤等で密封する。

治療の必要性

1. 自覚症状が無くて全身に影響
歯の神経が死んで根の先に感染した場合は自覚症状が無い物が多く、患者さんが気づかないうちに全身のいろんな所に影響を及ぼします。
2. 症状が出たときは、手遅れ
歯の神経が死んで根の先に感染した場合は症状が進行すると周囲の骨を破って腫れ、手遅れになって歯が助からないことがある。
3. 歯科医には根管は見えません
根っこの治療を行う場合はどんなに大きく口を開いてもらっても歯科医には根っこの中を見ることが出来ません。つまり極めて困難な治療となります。
4. 根管の彎曲や網状構造が困難さを増します
根が湾曲していたり、網状になっている症例では根っこの治療は大変困難になります。時には根の中に結石があったりするとさらに困難の度合いが増した治療となります。