LINE@友達に追加

歯根治療


歯根治療とは

歯の内部深くにある管「根管」の痛んだ神経と血管の部分(歯髄と呼ばれます)を取り除き、消毒する治療を指します。虫歯が悪化すると、細菌がこの「根管」に入り込んでしまい神経や血管を蝕んでいきます。虫歯が進行し根管まで達してしまい、激しい痛みや強くしみるなどが生じたり、歯の周りの骨への感染を防止したりなど、大切な歯を抜かずに残すにはこの歯根治療は大事な処置になります。

よく歯医者さんで、針のような道具を見たことがあると思いますが、治療はその道具を使用して行います。歯髄の除去後、神経の通っていたところに薬剤を詰めて終了となりますが、この薬剤がきちんと詰まっていない等再び根が感染してしまった場合、写真1のように膿の嚢を作ってしまいます。その場合は、再度きちんと治療し治すことが必要となり、最終的に写真2のようなきれいな根管を目指します。

治療の流れ

治療の流れ:神経がある場合


STEP 1
激しい痛みや強くしみるなどの症状が出るほど虫歯が重症化したり、歯髄(神経と血管の部分)に細菌が感染してしまった場合、根っこの治療(歯髄の取除きと消毒)が必要になります。
STEP 2
歯の神経をとった後は、薬剤をすき間なく充填するため根っこの長さを測ります。これは、根っこの治療に関わる重要な処置で、個人差による根っこの形状などの色々な条件によって難しくなる作業です。
STEP 3
根っこの長さを測った後は、神経をとった部分を広げて、専用の器具を使用し根管内の虫歯の原因菌に汚染された神経や血管などを丁寧に除去します。根っこは、個人差により曲がっていたり枝分かれしていたりするため、くり返し隅々まで清掃します。
STEP 4
除去と清掃後は空いた根の中に薬剤を入れて、消毒を数回繰り返します。ここで消毒が不完全だと、細菌が残り再発する可能性もあるので、こちらも丁寧に行います。
STEP 5
全て取り除き消毒が終わったら、薬剤等を根っこの先まで隙間なく詰め、密閉してフタをします。

治療の流れ:神経がない場合


STEP 1
以前神経の治療をしていたところが痛くなったり、虫歯になったところを、長くほっといたときに根っこの治療が必要になります。
STEP 2
歯の神経をとった後に根っこの長さを測る。個人差による根っこの形状の差などの色々な条件によって難しくなるため、根っこの治療の正否を決める重要な処置です。
STEP 3
汚染された歯の根の部分を広げて専用の器具を使用して、清掃と消毒をします。
根っこは、個人差により曲がっていたり枝分かれしていたりするため、くり返し隅々まで清掃します。
STEP 4
根の中に、薬を入れ消毒を数回繰り返します。ここで消毒が不完全だと、細菌が残り再発する可能性もあるので、丁寧に行います。
STEP 5
消毒が終わったら、根っこの先まで隙間なく薬剤等を詰め、密閉してフタをします。

治療の必要性

1. 自覚症状が無くて全身に影響
歯の神経が死んで根の先に感染した場合は自覚症状が無い物が多く、患者さんが気づかないうちに全身のいろんな所に影響を及ぼします。
2. 症状が出たときは、手遅れ
歯の神経が死んで根の先に感染した場合は症状が進行すると周囲の骨を破って腫れ、手遅れになって歯が助からないことがある。
3. 歯科医には根管は見えません
根っこの治療を行う場合はどんなに大きく口を開いてもらっても歯科医には根っこの中を見ることが出来ません。根っこは、個人差により曲がっていたり枝分かれしていたりするため、極めて困難な治療となります。
4. 根管の彎曲や網状構造が困難さを増します
根が湾曲していたり、網状になっている症例では根っこの治療は大変困難になります。時には根の中に結石があったりするとさらに困難の度合いが増した治療となります。

Q&A こんな時は?

Q1神経は取らなければいけないですか?
A

神経は根管の中、狭い空間にあるので血管も豊富ではなく、一度炎症などが起こるとそのまま死んでいくことが多々あります。
しかし、激しい痛みを伴うほど悪化している場合は神経を取る必要があります。
痛みのある歯の神経が死ぬと一時的に痛みが和らぐなど、実際の歯の症状と感じ方が合致しないこともあるので、一緒にすすめていきましょう。

歯の構造上、外から見える以上に内部にまで広がっている場合もあります。
悪い所を除去し形を整えると、かなり大きく削った様に見えますが歯を残すためには、とても大切な処置です。

Q2確実に完治はしますか?
A

根の先にできた炎症等の原因は、根管の中の細菌です。
歯の根管は、曲がっていたり枝分かれしていたりと形状に差があります。
一度根管に細菌が入ってしまうと、どのように丁寧に清掃や消毒をしても、完全に取り除くことは非常に難しくなります。
また、一度症状が治まっても再び痛みが生じてしまうなど、歯の状態は個人差により様々なので、ご相談ください。

Q3治療中も痛みはありますか?
A

歯の根も身体の一部です。細菌に感染すると免疫反応が生じ、結果歯がはれたり、場合によってはズキズキした痛みが伴う症状が出る可能性があります。
その場合、抗生物質等の服用処置が必要になりますが、万が一痛み等が生じても、治療の成功率には特別な影響はないとされていますので、最後まで根気よく続けてください。

※根管治療では歯の内部の神経は除去しますが、歯の周りの神経はそのまま残っています。
そのため治療終了後に程度の差はありますが、一時的に痛みが出たりすることがありますので、一緒に経過を診ていきましょう。

Q4根の先の手術とは、どのようなことをしますか?
A

歯の中に強度な土台が入っているため、除去の際にヒビが入ってしまったりさらには折れてしまう場合。
また、病気により歯が溶けてしまい感染した部分を除去しきれない場合は、歯を長持ちさせる為に従来の歯の頭からではなく、歯肉を切開して根の先より感染した部分を取り除くような処置をします。

Q5歯肉は切らなければいけませんか?
A

根の治療をする前に、まず悪化している虫歯を除去する必要があります。
歯肉より下の部分の歯が虫歯になっていると、虫歯の除去時に出血が起こり確実な処置や詰め物が入らなくなる場合があります。
その場合は、麻酔をし歯肉を切る処置が必要です。
切除した傷は時間と共に治っていきますので、安心してください。